ゲッター1、URLcollectorのアドレス変換スクリプト提供終了について

| コメント(4) | トラックバック(0)
10月の著作権法改正に伴い、動画サイトを対象とするアドレス変換スクリプトの提供を終了いたします。

 当サイトでは、ゲッター1やURLcollectorについて「動画、音楽、画像などのファイルのダウンロードは著作権法に違反しない範囲で行ってください。」との注意書きを掲載しておりましたが、10月以降、法改正を知らないユーザーの方が誤って有償著作物のダウンロードを行ってしまう危険性考慮し、10月以降、機能拡張スクリプトのアドレス変換スクリプトのデフォルトでの提供を終了することに致しました。
 対象は動画サイトのスクリプトです。アドレス変換機能自体に変更はありませんので、ユーザーが独自に作成したスクリプトは引き続きご使用いただけます。
また、ゲッター1、URLcollectorは汎用型のダウンローダーですので通常のダウンロード機能に一切の変更はありませんのでご安心ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://solidbluesky.com/mt/mt-tb.cgi/27

コメント(4)

前置き無しで申し訳ありませんが
S_Containerって何ですか?
過去のスクリプトを見ると意味の分からない変数が沢山ありますが
これらをまとめたものなどは有りませんか?
変換スクリプトを作成するのはOKですよね
変数や関数の仕様を公開する程度はいいんじゃないでしょうか

お願いします

返事が遅くなってすみません。
スクリプトの仕様につきましては、Scriptフォルダ内の「機能拡張スクリプトについて」という文書にて仕様を掲載していますのでそちらをご覧ください。

全く読んでいませんでした
こちらこそすいませんでした

関数の仕様については分かりましたが
エラーについてはどうでしょう
正常に動いていたスクリプトも一定の割合で
URLTranslationScript ErrorNo:11,Error found while compiling
になり、動かないとがあります
どのような原因が考えられますか?
教えてくださいませんか

資料の読み込みが浅いようでしたら申し訳ありません

Getter1・・・・・・約4年間、今日の今日まで使わせていただきました。
段々と対応しなくなるサイトが増えてきて、今日とうとう我が家でその務めを全うしました。
4年間、本当にお世話になりました。改めて、感謝の念がこみ上げてきます。愛着のある使いやすいソフトでした。
今まで提供してくださってありがとうございました。

このブログ記事について

このページは、伊里目流が2012年9月28日 13:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「YouTubeの仕様変更とスクリプトについて(ゲッター1)」です。

次のブログ記事は「Ndownloader1.0」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。