URLcollector5.0.1リリース

| コメント(6) | トラックバック(0)
遅くなりましたが、Mac専用のダウンローダ URLcollector5.0.1をリリースしました。
主な変更はMacOS10.7(Lion)対応です。
URLcollectorとゲッター1の違いについてたまに質問されるのですが、
URLcollectorはゲッター1を内包した多機能ダウンローダで、ゲッター1の上位版という位置づけです。
ゲッター1は元々URLcollectorの分割ダウンローダ部分を独立させたものです。
高機能のリンク抽出(最大100段のリンク追跡)と1ウインドウで最大10アイテムの同時ダウンロードはURLcollectorだけの機能です。
更新はゲッター1の方が頻繁で、そこでの変更やバグフィックスをURLcollectorに反映させています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://solidbluesky.com/mt/mt-tb.cgi/19

コメント(6)

lionで使えるようになりました。
ありがたく使わせていただいております。
新しいバージョンの質問ですがURLの登録が以前より厳しくなったようです。
具体的に申しますと複数URLを2chビューアソフト(Thousand)でコピーして
マルチダウンロードウィンドウにペーストすると最後のURLのみ登録されて
複数登録できなくなっているようです。
仕様が変更になったのであればしかたないのですが
以前はできていたのでお考えいただければ幸いです。

ちなみにエディタでプレインテキストに変換しURL以外の文字列を排除しペーストすれば
複数URLを登録出来ています。

宜しくお願いいたします。

URLCollector、以前より愛用しています。新版リリースありがとうございます。

こちらはSnow Leopardですが(Lionのマシンにも入れましたがまだ使ってません)、5.0.1にしたら、
複数URLのペーストやドロップ登録がやはり出来なくなって、先程色々試した結果、
「環境設定-スクリプト2」のアドレス変換スクリプトをオフにしたところ、複数登録可能になりました。
複数登録不可能になった状態の環境設定ファイル(URLcollector_41.pref)をそのまま使用すると、
アプリが5.0でも同じ状態になりますね。

それから別件で、「クイックURL抽出」と「エラーログ」のキーコンビネーションがどちらも「コマンド+e」で、エラーログの方が優先になって「クイックURL抽出」をキーコンビネーションで選択出来ないようです。
前のバージョンでは既にそうなってて、新版で直されないかなと期待してたんですけれど(^^;)。
「クイックURL抽出」結構使うので、出来たら修正して頂ければありがたいです。

宜しくお願い致します。
心待ちにしております。

使いやすいソフトの提供ありがとうございます。

不具合報告と要望です。
URLcollector5.0.2 + OSX10.6.8で、cURLでダウンロード数を複数にすると落ちます。
マルチダウンロードウィンドウを複数にした時も落ちました。


重複ファイルがある時の連番についてです。
たとえば、1に1がつくと11になり、11か連番の区別ができなってしまっています。-1や(1)のようにできるようにお願いします。

書き忘れです。

ブラウザーからURLを連続で5回ほど週出すると、そのあと抽出できなくなります。
一旦、中止すればまたできるようになります。

連番に大してもレジュームできるようにお願いします。

このブログ記事について

このページは、伊里目流が2011年10月27日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゲッター1 ver.4.1リリース」です。

次のブログ記事は「みんなのチャット♪3.0リリース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。